ビジネスを分析そして選定します!

ビジネスは試みの連続です。

ビジネスをするということはお客さまの満足を得るサービスを行い利益を得ることです。
お客さまの満足と利益を得ることの配分は経験を積まないと難しいと思います。
すなわち、お客様に満足してもらえたところで赤字になれば倒産してしまいますし、経費を削るあまりお客さまが満足できないサービスであれば商売になりません。
前もって、お客さまにどの程度のサービスを提供し、売り上げをいくらになれば、利益が出るとシュミレーションしますが、実践ではなかなか思い通りにいかないものです。
理想と現実とのギャップを感じて、落ち込むこともあるかもしれませんが、このギャップを埋めることこそがビジネスだと思います。
そこでの経験から、サービスをもっとよくできないか、経費削減ができないかと考えていくうちに、だんだんと利益が得るようになるものです。
毎日考え、試み、結果がつけばよし、悪ければ修正するという作業の連続だと思います。
その作業を続けていけば経験と知識が身につき、ビジネスの幅を大きく広げることができるのだと思います。
もうひとつ、ビジネスに重要な点は他人や自分の能力を客観的にとらえられるかどうかです。
会社というものは人間のつながりで成り立っています。
自分ひとりで全て、できることはなく、得意、不得意が必ずあるはずです。
いくら勉強しても出来ないところは人間ならあると思います。
その時に、自分の不得意をそのまま放置しておくと会社にとって大きな致命傷を与えることもあります。
そのような不得意な部分を補える人材を入れていくのも重要だと思います。
また、他人の得意なところを見つけ、適材適所に仕事を割り当てれば、とてもよい環境になるでしょう。
以上のことより、ビジネスに必要なことをまとめますと、理想と現実のギャップを埋めるため、日々、新しい試みを考え、行動し、修正できること。
自分や他人の能力をしっかり見極めて、苦手なところは放置せずに助けてもらえるような環境をつくれるようにすることです。